書斎とキッチンはご夫婦それぞれの思いを実現

埼玉県南部にあり都心への通勤圏内であるベットタウン、さいたま市。
そこにクレバリーホームの新居をかまえたのは小山様ご家族です。多忙なご主人がクレバリーホームと出会ったのは、インターネットのホームページからでした。

そして、クレバリーホーム加須店と出会ったのが2004年のこと。それまでなかなか気に入るハウスメーカーと出会えなかったご主人ですが、クレバリーホーム加須店担当営業が語った「一生後悔しない、良い家を建てます!」のひと言には体中に電気が走る思いだったといいます。

クレバリーホームとの衝撃的な出会いから約2ヶ月後に契約。ご主人の希望は、外壁タイルと大きな三角屋根の外観でしたが、クレバリーホームであれば予算内に実現することができました。

間取りについては、パソコンソフトで事前にシミュレートされていたというご主人ですが「ソフトのシミュレーションと実際の家づくりでは、当然違う部分も出てきますよね。例えば、私には設計の図面を見ても、窓の高さや大きさなど三次元的なイメージがわかりにくかったのですが、一つ一つ細かい部分まで丁寧に説明して頂いたので、安心して希望通りの家づくりを行うことができました」

実際、小山邸は採光に工夫を凝らし、明るく開放的な雰囲気にされているのが特徴的ですが「現場を見ながらその都度気が付いたことを設計士さんに相談に乗ってもらい、数多く提案をしてもらいました」とご主人。

さらに現場監督も誠実に対応してくれて、担当営業、設計、現場監督すべてが「私にとってパーフェクトでした」(ご主人)

こうして完成した小山邸。
1回の打ち合わせに丸一日をかけたこともあり、その甲斐あって理想の住まいを完成できた小山様ご家族。
「クレバリーホーム加須店と一体となって楽しい家づくりができました」とご夫婦は笑顔で話してくれました。